顔のたるみ治療にリフトアップを

加齢とともに人の体には様々な
エイジングサインが現れてきます。
体の筋肉の老化はもちろん、
外部刺激を受けやすい顔には様々な
エイジングサインが出てきます。

その中でも老け顔に見せてしまう要因の
一つが顔のたるみです。

カバー

たるみはシミやしわと違い、
顔全体の印象を大きく変えるので、
メイクではカバーできません。

そこで効果的にたるみ治療ができる
一つの方法が美容整形によるリフトアップです。

たるみ治療と言うと何度も通院しなければいけない
イメージがありますが、
リフトアップ施術は数回の通院で行うことができます。
そして美容整形によるたるみ治療というと、
どうしても顔にメスを入れることを心配してしまいますが、
最近はメスを使わずに糸だけを用いて
たるみ治療をすることができます。

メス

糸の種類や入れ方により様々な方法があり、
代表的なものにミラクルリフトやフェザーリフトなどがあります。

ミラクルリフトの場合はギザギザ状の糸を
こめかみから頬のたるんだ組織に挿入して引っ掛けて、
上に吊り上げることによりたるみを改善できます。

他の糸を用いたリフトアップにも同じようなメカニズムです。
そのため施術後、すぐに効果が出やすく、
しかもメスを使っていないので施術によるダウンタイムも短くて済むのです。

このように美容整形の中にはメスを使わずに
顔のたるみ治療ができるものがあります。

メイクでカバーしきれないたるみで悩んでいる方にはおすすめです。
また、糸を挿入することによりコラーゲンの生成を促すこともできるので、
肌にハリと潤いを戻す効果も期待できます。