顔のたるみ治療の大敵は紫外線

見た目年齢を左右する顔のたるみ。

この頃、鏡で自分の顔を見て
気になってきた人は少なくないのではないでしょうか。

紫外線

顔のたるみの原因には、
肌のコラーゲンやヒアルロン酸などの減少による
弾力の低下や表情筋などといった
筋肉の衰えなどがあります。

肌の弾力に関しては、
コラーゲンなどの有効成分が含まれた
飲料などが販売されているので、
対策できているという方は多いかもしれません。

一方で、顔のたるみに関して、
日焼け対策をしているという人は
あまりいないのではないでしょうか。

日焼けがどのようにして
顔のたるみを引き起こすのでしょうか。


日焼けをすると肌がたるむわけは太陽の紫外線にあります。
この紫外線が、肌に到達すると活性酸素を発生させ
、肌の弾力を保っているコラーゲンや
エラスチンなどの成分を変性させたり、
これらの成分を破壊する酵素を増やすなどの
悪影響をもたらします。
その結果、肌の張りや弾力を保てなくなり、
顔にたるみを作ってしまいます。
では、どのようにしてたるみ治療を行えばよいのでしょうか。


病院

クリニックなどでよく行われているたるみ治療が、
レーザーなどを使い、
伸びきったコラーゲンを新たに産生させたり、
熱で縮めたりして元に戻していく方法です。

また、目元のたるみ治療には、
ヒアルロン酸の注射を行う方法があります。

さらに、治療機器の発達により、
レーザーによる治療も可能になってきています。

ただ、一度ダメージを受けた肌の線維は、
限度を超えると元に戻りにくいため、
早めにたるみ治療を行うほか、
たるみの進行を遅らせるなどして気を付けなければいけません。